<< Blüthner(ブリュートナー) モデルC 117.5cm ウォルナット艶消し【新品】 | main | Blüthner(ブリュートナー) モデルC 117.5cm マホガニー艶消し【新品】 >>

Pfeiffer(ファイファー)112cm ウォルナット艶消し 1968年製 スペシャルデザイン♪

0

    JUGEMテーマ:ピアノ


    ヨーロッパ輸入ピアノ(中古)

    ■メーカー Pfeiffer(ファイファー)
    ■製造地 ドイツ/シュトゥットガルト
    ■製造年 1968年製
    ■サイズ 112cm
    ■外 装 ウォルナット艶消し
    ■価 格 ¥1,700,000円(税別)

    これもご縁というものでしょうか。

    当店には、いつも状態の素晴らしいファイファーが集まります。

    年明け早々に、112cmのファイファーが2台も到着しました!

    現在展示中の116cmと、創業125周年記念モデルの122cmも含め、

    なんと合計4台のファイファーを弾き比べて頂けるチャンスです!

    おそらくファイファーだけで4台の品揃えは、日本で当店だけでは

    ないでしょうか。

     

    ファイファー112cmでは滅多に見かけることのない、

    素晴らしいデザインのファイファーです。

    斬新な今風のデザインにも見えますが、1968年製!

    シンプルでいて、ゴージャスです。

     



    猫脚などのロマンチックなデザインも素敵ですが、

    このシンプルなデザインもまた素晴らしいものです。

    ファイファー特有の甘い音色が、ますます甘く感じられます。

    当然、ハートを射抜かれます。


    112cmというコンパクトなボディーから、これほどの重厚な低音が出るのは

    毎回驚かされます。
    そしてこのパワフルな鳴りと、秀逸のバランス。
    当店にご来店いただいたお客様が必ずといって良いほど驚かれるのが、
    まずブリュートナーの響きの豊かさと、
    この、ファイファーの重厚な低音、力強い鳴りなのです。

     

     

    自然な木の色で、違和感なく空間に溶け込んでくれます。

     

    また、お部屋に置いてはじめて、皆様に実感して頂けるのですが、

    本当に小さいので、圧迫感がなく、お部屋が狭くなった!という感じが全くありません。

    ごく自然に、もともとそこに居たかのように、どこにでも馴染んでくれるから不思議です。

     



    当店はこんな小さな規模でピアノ販売を致しておりますが、
    ファイファーの販売台数が日本で最も多い店舗でもあります。
    そもそも、ファイファーは中古市場になかなか出てきません。
    飽きのこない音色なので、手放す人が少ないピアノとして
    知る人ぞ知るピアノなのです。

     



    当店では、仕入れる段階で、内部の状態が非常に良いものだけを慎重に選んでおり、
    低音から高音まで鳴りの良いものだけ展示しております。
    また、万が一鳴りの良くないものが入ってきた場合、
    輸送費を全額負担してでもドイツに送り返すという、徹底した品質管理を致しております。
    当店で販売するピアノには全て「15年保証」をお付けできる理由は、
    ここにあります。



    ファイファーの魅力にはまってしまうと、
    その音色がずっと耳に残り、忘れられなくなります。
    私共はその現象を、“ファイファーの魔法”と呼んでいます。



    ドイツのシュトゥットガルトで製造されたピアノです。
    シュトゥットガルトは世界一のメーカー(ポルシェ等)が集まる地域で、
    このファイファーも、世界一を掲げて作られたピアノでした。
    新品価格で、当時日本で400万円ほどだったと記憶しています。
     

     

    よくお話していることですが、当店では、130cm以上のファイファーは仕入れません。
    他のピアノメーカーもそうですが、とくにファイファーは、
    背が高くなればなるほど低音がパワフルになるとはいえ、
    同時に肝心の中高音が伸びなくなってしまいます。
    実際、ヨーロッパのピアノメーカーでも、130cm以上のアップライトを作るのをやめた

    メーカーは数多く存在します。
    ピアノを購入される際には、全体のバランス(とくに高音の伸び)も重視して
    選ばれることをお勧めします。

     

    こちらの112cmのファイファーは脚がないコンパクトなタイプですが、

    昨年末に入荷した現在展示中のファイファー116cmには脚がついています。

    ご興味がおありの方は是非こちらもご覧ください ⇒116cmファイファーストレート脚


     

    いつも低音には度肝を抜かれるファイファーですが、

    こちらのファイファーも鳴らしてびっくり!!

    わかってはいても、やはり驚いてしまう低音!!

    目をこすり、これは本当にアップライトなのかと思わず確認してしまうほどの

    驚くべき低音です。

    目を閉じて聴くと、これがアップライトの低音だとは誰もわからないと思います。



    どんなに有名なメーカーでも、得意・不得意はあります。
    ファイファーの場合は、断然アップライトが得意なメーカーです。
    世界一のアップライトを掲げて作られたピアノで、
    妥協を赦さない強いポリシーを貫き通しているがために、規模を縮小せざるを得なくなった
    メーカーでもあります。

     

    さて、ここでこの場を借りて、ファイファー社についてより正確な情報をお伝えしたいと思います。

    「ファイファーは一度は倒産した」という表現でこれまでWEB掲載してまいりましたが、

    これはかなり大雑把な言い方でしたので、正しくは次のとおりです。

     

    ファイファーは、Leipzig Pianoforteというメーカーを買収して製造拠点をLeipzig(ライプツィヒ)に移しました。

    Sttutgart(シュトゥットガルト)にはショールーム、営業部門、最終調整をする部門が残っていましたが、

    製造拠点はライプツィヒに移したのです。

    けれども、その後Leipzig Pianoforteは機能しなくなり、Bluthner(ブリュートナー)社に引き継がれました。

    ライプツィヒの清算拠点を失ったため、その後は商品の製造が出来ず、

    既に販売店にあるピアノを買い戻して営業を続けていました。

    ごく近年に操業を再開し、120cmのピアノを製造し始めました。

    ファイファー社自体は、「倒産」という法的手段はとっていませんでしたが、

    Leipzig Pianoforteの経営破綻時にはシュトゥットガルトで操業ができないほど大きな痛手を受けたそうです。

    そのような大きな試練を乗り越えて、小規模ながら現在も製造しています。

     

    変わらぬポリシーを今も貫いています。

    アクションはレンナー社製です。
     

     

    どこにも妥協のない1台。

    そして、妥協のない音色。

     



    どんな言葉を尽くしても伝えることのできない、

    この魅惑の音色を、是非ご自身の耳で確かめて頂きたいと思います。


    入荷したばかりですので、現在調整中です。
    調整中は、アクションを取り出して弾けない状態になっていることもありますので
    ご試弾を希望される方は、お手数ですが事前のご予約をお願い致します。

    ピアノクリニックヨコヤマWEB


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    カレンダー
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    検索ワードを入力
    カテゴリー
    リンク
    会社情報
    つぶやいてます
    Twitterボタン
    モバイル
    qrcode
    others
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM