<< Haessler(ヘスラー) K118 ウォルナット艶消し 【新品】 | main | Haessler(ヘスラー)K118 オーク艶消し 【新品】 >>

C.Bechstein(ベヒシュタイン)モデル10 象牙・黒檀、並行弦、85鍵盤 1900年製

0
    JUGEMテーマ:ピアノ

    ヨーロッパ輸入ピアノ(中古)

    ■メーカー C.Bechstein(ベヒシュタイン)
    ■モデル 10
    ■製造地 ドイツ/ベルリン
    ■製造年 1900年製
    ■サイズ 130cm
    ■外 装 黒つや消し
    ■価 格 ¥1,000,000(税別)
    ※象牙・黒檀鍵盤
    ※並行弦
    ※85鍵盤
    ※修理済み
    (全弦交換、ハンマー交換、チューニングピン交換、アクション消耗部品交換)

    現在、当店にはベヒシュタインを複数台展示しておりますが、
    こちらの一台は貴重な並行弦のベヒシュタインです。


    並行弦の欠点は、高さのわりに弦が長くないところですが、
    その欠点を上回る魅力があるからこそ、同時期に交差弦が作られていたにも関わらず
    並行弦も同時に作られていました。

    並行弦の利点は、低音の和音の美しさです。
    交差弦の場合、駒の位置が響板上で重なる(駒が二本にわかれる)ために音が濁ってしまいますが、
    並行弦は駒が一本なので、響板上で駒が重なるところがなく、
    クリアでまっすぐな低音の和音を楽しむことが出来ます。

     
    背丈は130cmと大きめですが、
    意外にも横幅がないので大きく見えません。


     
    写真が少々わかりにくいのですが、ブラケット(アクションの枠組み)は
    全て木で作られています。
    こちらはアクションを真横から写した写真です。

     

     

    アクションも、なかなかお目にかかることがない特殊な構造になっています。
    鍵盤からアクションまでが、全く分離せずにつながっているのです。
    『アブストラクト』といわれるシステムです。

    アクションが下におりると、鍵盤も強制的に上にあがります。
    かなり軽い鍵盤でありながら連打がきくのと、
    鍵盤をとおして、指先でハンマーをダイレクトに感じることが出来ます。
    また、エネルギーのロスが生まれにくくなっています。



    製造する上で、手間もコストもかかりますし、
    調律師にとっても、調整する上で手間も時間もかかる構造です。

    手間もコストも考えることなく作られていた、古き良き時代のピアノです。
    本来の楽器とは、こうあるべきなのではないでしょうか。
    調整のし易さではなく、楽器としての魅力だけを考えて作られていた時代のピアノは
    本当に素晴らしいものがあります。




    鍵盤は、象牙、黒檀です。



    修理済みなので、中も綺麗です。
    新品のレンナーハンマーに交換済みです。



    1900年製のピアノが、こうして今も美しい響きで
    私達の心を満たしてくれるというのは、本当に素晴らしいことです。



    古き良き時代の、味わい深いベヒシュタインの音色を堪能できます。




    中古ピアノは一点ものです。
    後悔のないよう、気になる方はお早めにご連絡頂けますと幸いです。

    ご試弾を希望される方は、お手数ですが事前予約をお願いいたします。
    (届いたばかりなので、調整中でアクションを取り出して弾けない状態の時もあります)

    ピアノクリニックヨコヤマWEB


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    カレンダー
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    検索ワードを入力
    カテゴリー
    リンク
    会社情報
    つぶやいてます
    Twitterボタン
    モバイル
    qrcode
    others
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM